フリーランスは税理士にお願いすべき?メリットデメリットまとめ

フリーランスは税理士にお願いすべき?

フリーランスになったら税理士にお願いしたほうが良いの?

フリーランスが増加傾向にある今、こうして税理士への依頼に疑問を感じる方は多いのではないでしょうか。

フリーランスになると会社員時代には必要がなかった会計処理が発生するもの。自分で対応すべきか、税理士に依頼すべきかを悩むことは珍しいことではありません。

そこで、今回はフリーランスが税理士に依頼したときのメリットとデメリットをご紹介します。

フリーランスが税理士に依頼するメリット5つ

フリーランスが税理士に依頼するメリット5つ

まずは、フリーランスが税理士に依頼するメリットについて見ていきましょう。

1.確定申告に関する会計処理を丸ごと依頼できる

フリーランスが税理士に依頼するメリットとして、第一に挙げられるのが「会計処理を丸ごと依頼できる」というものです。

会社員時代とは異なり、フリーランスになると自分で確定申告を行わなければなりません。

確定申告の作業は複雑で手間も時間もかかってしまうことがほとんどです。また、会計処理に関する十分な知識を持たないまま、自分で確定申告をしてしまうと、気が付かないうちに脱税しているという可能性もあります

専門家に依頼すれば確定申告に関するトラブルは避けられるもの。誠実にきちんと確定申告を済ませたい方にとって、税理士への依頼は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

2.事業に関する相談ができる

税理士は数多くの企業、個人事業主を見て来た人間です。そのため、事業に不安があれば的確なアドバイスを受けられることがあります。

とくに、フリーランスになりたての場合は、今後の先行きに不安を感じることは多いでしょう。本当にこの事業内容で安定させることができるだろうか…といった不安を感じることは当然といえます。

そういった不安を解消するなら、税理士というプロに客観的に見てもらい問題点を明確にすることが大切です。的確なアドバイスを受けて、事業に反映させれば漠然とした不安は解消されます。

3.正しい節税を学べる

フリーランスに必要不可欠といえるのが「節税」です。収入が不安定な職業であるからこそ、なるべく税金を抑えたいというのが正直なところであると思います。

しかし、あれもこれもと事業に直接関係の無いものまで経費として計上してしまうと、脱税になってしまうため注意しなければなりません。数年後に「延滞税」として、かえって高額な費用が請求されることになってしまいます。

また、逆に本来経費として計上できるものを申告していない場合は損となってしまうため、どちらにせよ正しい節税を把握する必要があります。

正しい節税を学ぶには、やはり税金の分野においてプロである税理士への依頼が一番です。税理士に依頼すればどのような経費を何の勘定科目で申告しているのかを学ぶことができ、正しい節税知識を身に付けることができるでしょう。

4.本業以外の手間が減る

事業におけるお金は頻繁に出入りすることが多く、思っている以上に会計処理は大変な作業です。

こまめに記帳するのは手間ですし、本業が忙しければなかなか定期的に会計処理を進めておくことができません。

税理士に依頼するメリットには、こうした本業以外の手間が減らせることが挙げられます。「忙しくて会計処理を進められない」という方にとって、税理士は大きな味方となってくれるでしょう

5.融資が受けやすくなる

事業が大きくなってくると「融資を受けようかな」と検討することがあるでしょう。

直接金融機関から声がかかることもありますが、フリーランスの場合は自分から融資の依頼をすることがほとんど。そして、金融機関による審査を通過しないと融資を受けることができません。このとき「財務諸表」の提出が必要なのですが、これを税理士に作成してもらうと融資が受けやすくなるといわれています。

これは、フリーランスに顧問税理士が付いているというだけで信用が高まるだけでなく、財務諸表の数字が正確であると信じてもらえることが理由です。

事業拡大を目標としているのであれば、税理士への依頼は必須といえるでしょう。

フリーランスが税理士に依頼するデメリット3つ

フリーランスが税理士に依頼するデメリット

魅力的なメリットが並ぶ一方で、把握しておかなければならないでメリットもあります。

ここからは、フリーランスが税理士に依頼するデメリットについてご紹介します。

1.顧問料が発生する

当然ですが、税理士への依頼は無料ではありません。「顧問料」という、依頼するうえで必要な出費が発生します。

この顧問料はフリーランスの事業規模や税理士によって異なりますが、相場は年収500万円で1か月3万円です。また、記帳も全て税理士に依頼する場合は1か月6万円が相場であり、決して安い出費とはいえません。

そのため、十分な収入を得ていないフリーランスの場合は税理士に依頼すると赤字になってしまう可能性があるため注意しましょう。

2.事業に関するお金の動きが自分以外に知られてしまう

税理士に依頼するということは、事業に関するお金の動きを自分以外に知られるということです。どれだけ誠実に対応してくれる税理士であっても、その情報を外部に漏らされてしまうというリスクは0ではありません。

中には悪質な税理士も存在するため、「外部には知られたくない」というフリーランスであれば、依頼するのは避けた方が無難です。

実際、お酒の入った席でうっかり取引先情報を話してしまうといったことは珍しくないようです。そのため、万が一のトラブルに備えておきたいという場合は、税理士への依頼はおすすめしません。

3.自分に合わない税理士に当たることがある

一口に税理士といってもその質には大きく差があるもので、親切な税理ばかりではなく、中には不親切な税理士や不誠実な税理士がいます。

会計処理のみしか対応せず、依頼者の相談にはほとんど応じないという税理士も珍しいことではありません。自分には合わないと感じて別の税理士に依頼するとなると、時間や手間、コストが発生してしまうため、安易に税理士を変更できないという問題もあります。

そのため、安易に税理士に依頼すると後悔することになってしまう可能性があります。

フリーランスが税理士への依頼を検討するポイント2つ

フリーランスが税理士への依頼を検討するポイント2つ

フリーランスが税理士への依頼を検討するのはどのようなタイミングなのでしょうか。ここからは、依頼すべきかを見極めるポイントについてご紹介します。

1.自分で確定申告や会計処理が対応できるか

まず、自分で確定申告や会計処理が対応できるかを考えてみましょう。

税金に関する知識をある程度理解しているか、会計処理が対応できなくなるほど忙しいのか、など今一度自分の状況を振り返ってみてください。

ここで「対応が難しい」と感じる場合は税理士への依頼を検討することをおすすめします。

2.会計処理が本業の負担になっていないか

会計処理をすることで納期が間に合わない、会計処理があるから仕事を断らないといけない、など会計処理が本業の負担になってしまう場合は税理士に依頼する必要があります

フリーランスの場合は会計処理も仕事の一つ、といわれることもありますが、これはあくまでも対応できる余裕がある場合にのみ該当することです。本業に支障が出てしまうのであれば会計処理は外部に依頼し、自分は本業に専念しましょう。

フリーランスは状況に合わせて税理士へ依頼しよう

フリーランスだからといっても必ずしも税理士に依頼する必要はありません。

まずは、自分の状況を把握し「本当に税理士に依頼する必要があるか」を把握することが大切です。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら税理士への依頼が必要か否か、慎重に考えてみてください。

関連記事

  1. スタートアップのオフィス選び

    スタートアップのオフィス選びの注意点4つと、シェアオフィスをおすすめする理由

  2. フリーランスが導入すべきツール

    フリーランスが導入すべきツールとは?ビジネスをスムーズにする7つのツール

  3. 知っておきたい10のメリット・デメリット

    【コワーキングスペース】知っておきたい10のメリット・デメリット

  4. フリーランスの仕事の取り方

    フリーランスの仕事の取り方7選!安定して稼ぐための方法をご紹介

  5. コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスの違いとは?

    コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスの違いとは?

  6. 全てのフリーランスに捧ぐ!仕事を断るときのテンプレート【チャットで使える】

    全てのフリーランスに捧ぐ!仕事を断るときのテンプレート【チャットで使える】