WordPressテーマおすすめ11選比較|ブログ運営に強いSEO対策済み【有料版と無料版】

自分でデザインせず、手軽にオシャレなブログを作りたい!
WordPressの“テーマ”って何?有料じゃないといけないの?

WordPressでブログ運営を始めたくても、「ノウハウがない」「SEO対策って何?」と悩む方は多いのではないでしょうか。しかし「テーマ」を使えば、WordPressの知識がなくても簡単にオシャレなブログが作れます。

この記事では、WordPressで人気のテーマを有料・無料合わせて11種類ご紹介します。自分に合ったテーマが見つかれば、SEOやプログラミングの知識がなくてもサクサクとブログが作成できますよ。

WordPressテーマとは?

WordPressの「テーマ」とは、ブログを作る時に使うサイト全体のテンプレートのことをいいます。テーマを使えば、プログラミングの知識がなくてもわずかな時間でプロ仕様のオシャレなブログやサイトを開設できるのです。

WordPressのテーマのメリットは、以下の通りです。

・プログラムやデザインの知識がなくても使える
・SEO内部対策済で、ブログ運営に集中できる
・無料版でも十分ブログ運営できる
・有料版なら収益力をアップさせたり、豊富なデザインから選んだりできる
・ブログリニューアルではテーマを購入しなおすだけで完了する

有料テーマの相場は1万~2万円程度と安価であり、サイト制作会社に依頼するよりも圧倒的に費用を抑えられます。テーマは豊富にあるため、リニューアルしたい場合はデザインを変えるだけで簡単に印象を変えられるのです。

WordPressテーマの有料版おすすめ8選比較

まずは、ブロガーに人気のあるWordPressテーマの有料版を8種類ご紹介しましょう。どれも導入数が多く、しっかりSEO対策も施されています。

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)

https://fit-theme.com/the-thor/

THETHOR(ザ・トール)の特徴

・細部までSEO対策されたテーマ
・とにかく早い表示速度
・豊富なデザインパターンから選択可能

THETHOR(ザ・トール)がおすすめな理由

THETHORは、最新のコーディングや記事単位のタグ設定など細部まで徹底したSEO対策がされているWordPressテーマです。また、表示速度にもこだわっていてユーザーにストレスを与えません。ページの表示速度はGoogleも検索順位に影響する要素だと公言しています。よって、THETHORのような表示速度を重視したWordPressテーマを選ぶことは、SEO対策にもいい影響を与えます。

デザインも9つのパターンから選択可能で、どれも企業が運営するレベルの本格的なクオリティです。THETHORを使うことで、SEOに強くデザインもおしゃれなブログを運営することができます。

価格 14,800円(税抜)
サポート インストール前:「インストールマニュアル(1ページ)・安心メールサポート」
インストール後:「操作マニュアル(100ページ以上)・会員フォーラム・QAコーナー」
デザインパターン 9つのデザインパターンから選択可能

THE THORの公式サイトへ

SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)の特徴

・ユーザーフレンドリーにこだわったWordPressテーマ
・開設1年で200万PV/月を超えたブロガーのノウハウが詰め込まれている
・内部SEO対策も実装済

SANGO(サンゴ)がおすすめな理由

SANGOは人気ブロガー「サルワカ」さんという方が作成したテーマで、サルワカさんのブログもこのSANGOが使われています。200万PV/月を達成した人気ブログのノウハウが詰まったテーマで、居心地のいいデザインが適度なアニメーション機能が主な特徴です。

検索エンジンにコンテンツの内容を伝える「構造化データ」の設定も実装されており、内部SEO対策もバッチリ。見出しやボタンは30種類以上あり、カスタマイズ性が高い点も魅力です。

価格 11,000円(税込)
サポート インストール前:「カスタマイズガイド」
インストール後:「質問ガイドライン」(導入やカスタマイズの個別サポートはなし)
デザインパターン 3つのデザインパターンから選択可能(関連記事デザインのみ)

SANGOの公式サイトへ

ストーク19

STORK19

ストーク19の特徴

・モバイルファーストで「ブロガー専用テーマ」
・HTMLやCSSの知識がなくても美しいデザインになる
・ブロックエディタ対応で編集も直感的に行える

ストーク19がおすすめな理由

20,000人以上のユーザーに使われた「STORK」の最新バージョンで、機能追加や表示スピードの改善を加えたWordPressテーマです。モバイルファーストでスマホに最適化されており、ブロガーに向いています。

プラグインを使わずウィジェット機能で記事下にCTAや広告を設置でき、SNSシェアボタンも設置できます。テーマ後の微調整が必要なくコンテンツ作りに集中できるので、WordPress初心者の方にもおすすめです。

価格 11,000円(税込)
サポート 購入後は無料メールサポート有
デザインパターン 4つのデザインパターンから選択可能

STORK19の公式サイトへ

DIVER(ダイバー)

DIVER(ダイバー)

https://tan-taka.com/diver/

DIVER(ダイバー)の特徴

・膨大なサイト分析で作られた信頼感のある美しいデザイン
・内部リンクやCTAといったSEO対策/収益化機能も万全
・手厚いサポートで初心者も安心

DIVER(ダイバー)がおすすめな理由

DIVERはすでに多くの企業への納品実績があり、さらにユーザーの要望を多く盛り込んだテーマです。リッチスニペット対応でSEO対策もしっかりしており、アクションポイントも多く収益化も考えられています。

また最大のメリットはサポートの厚さで、直接のメールサポートが無期限・無制限で利用できます。機能に限らずCSSやHTMLを教えてほしいという質問にも対応してもらえるので、「しっかりサポートしてほしい」という初心者に特におすすめできます。購入者本人が運営していれば、1度購入したテーマを複数のサイトで使いまわせます。

価格 12,980円(税込)
サポート 購入者は無制限でメール相談無料
(別方法のサポートは要相談)
デザインパターン 12種類のデザインパターンから選択可能

DIVERの公式サイトへ

賢威(ケンイ)

賢威

https://rider-store.jp/keni/

賢威(ケンイ)の特徴

・人気書籍を出版するWebマーケティング会社開発のテーマ
・無償バージョンアップで常に最新テーマが利用可能
・モバイルを基準にしたレスポンシブWebデザイン

賢威(ケンイ)がおすすめな理由

「沈黙のWEBマーケティング」などWEBマーケティング関連の本を出版している株式会社ウェブライダーが提供しているテーマです。バージョンアップが無料で、既に27,000を超えるユーザーが利用しています。2021年1月時点でVer8までバージョンアップされており、最新バージョンではテーマ色の簡単設定やリンクカード機能、スマホ用フッターパネルといった機能が追加されています。購入後は賢威ユーザー限定で、同社が蓄積したノウハウを詰め込んだ「フォーラム」が閲覧できます。

価格 24,800円(税抜)
サポート インストール前:SEOマニュアル
インストール後:賢威フォーラムでのサポート
・動画マニュアル(購入特典)
※メール・電話・スカイプは非対応
デザインパターン 24種類のデザインパターンから選択可能(HTML版・WordPress版)

STORK19の公式サイトへ

AFFINGER5(アフィンガー5)

AFFINGER

https://affinger.com/

AFFINGER5(アフィンガー5)の特徴

・ブログアフィリエイトに特化したテーマ
・カスタマイズ性が高く自由にデザインできる
・別サイトでの利用もOK

AFFINGER5(アフィンガー5)がおすすめな理由

ブログアフィリエイトに特化したテーマで、マネタイズを考えている人に特におすすめのWordPressテーマです。SEOに強いと評判で、芸能人のブログや大手企業でも多く使われていることから有名なテーマといえます。専用管理画面ではオリジナルで設定できる項目が118以上あり、自社の狙いに合わせたカスタマイズも可能です。万能性が高く、ブログに限らずサイト設計をしっかり作りこみたい人に向いているテーマです。

価格 14,800円(税込)
サポート 会員専用サイトにて使い方マニュアルやフォーラム (質問サイト)の閲覧が可能
デザインパターン 7つのデザインパターンから選択可能

AFFINGER5の公式サイトへ

SWALLOW(スワロー)

SWALLOW

SWALLOW(スワロー)の特徴

・プロブロガー監修のブログ専用テーマ
・無駄をそぎ落とした洗練されたデザイン
・ショートコード標準装備で初心者も安心

SWALLOW(スワロー)がおすすめな理由

SWALLOWは「STORK19」も提供するOPENCAREが提供しているWordPressテーマです。はやく飛ぶツバメ(スワロー)のように鋭くシンプルさを追求したデザインで、「誰が使っても美しいデザイン」を追求している点が特徴です。モバイルファーストで設計され、導入してすぐスマホに最適化します。コンテンツ作りに集中できるテーマで、「無駄な機能のないシンプルなテーマがいい」という方に特におすすめです。

価格 9,900円(税込)
サポート インストール前:「スワローの使い方」ページで基本的機能を紹介
インストール後:無料メールサポート有
デザインパターン 3つのデザインパターンから選択可能

SWALLOWの公式サイトへ

JIN(ジン)

JIN(ジン)

JIN(ジン)の特徴

・有名アフィリエイターが関わったテーマ
・デザインの切り替えが簡単
・収益化に特化した機能を多数搭載

JIN(ジン)がおすすめな理由

JINは有名アフィリエイター「ひつじ」さんがテーマアイデアを担当したテーマで、初心者でもおしゃれなサイトが作れる機能が盛り込まれています。プラグインを活用すれば簡単におすすめデザインに着せ替えでき、デザイン変更に高度なスキルが必要ありません。また、4種類のCVボタンやバナー広告の一括配置など収益化を狙う機能も充実しています。1ライセンス取得すれば他サイトでも利用できるので、複数サイトの運営を考えている人にもおすすめです。

価格 14,800円(税込)
サポート インストール後:マニュアルページ有・フォーラムでの相談可能
デザインパターン 12種類のデザインパターンから選択可能

JINの公式サイトへ

WordPressテーマの無料版おすすめ3選比較

WordPressのテーマは無料のものもあり、機能面・デザイン面ともに多くのユーザーから評価されています。ここでは、特に人気のある無料テーマを3つご紹介します。

LIONMEDIA(ライオンメディア)

LION MEDIA

http://lionmedia.fit-jp.com/

LIONMEDIAの特徴

・表示速度が速くカスタマイズ次第で多くのサイトに使える
・プラグインなしで関連記事表示
・お問合せフォームも標準装備

LIONMEDIAがおすすめな理由

LIONMEDIAはメディアサイト向けではありますが、個人ブログなどでももちろん利用できます。記事の最後にはCTAエリアを配置したりインフィード広告枠が追加できたりと、収益化する機能も搭載されています。無料でありながらカスタムプラグインなしでサイトが作れるので、コンテンツ作りに集中したい人や初心者の方にもおすすめです。似たテーマで「LIONBLOG」もありますが、こちらは個人ブログ向けで背景が異なります。

サポート インストール前:「テーマインストール方法」
デザインパターン 2つのデザインパターンから選択可能

Simplicity(シンプリシティ)

simplicity

https://wp-simplicity.com

Simplicity(シンプリシティ)特徴

・シンプルな土台だからこそユーザー好みにカスタマイズできる
・AMP対応など内部SEO対策も施策済
・SNSボタンが標準装備で拡散の仕掛けがある

Simplicity(シンプリシティ)がおすすめな理由

よくも悪くもシンプルなテーマなので、後から自分好みのデザインにできます。WordPress管理画面からカスタマイズもできるので、CSSなどの専門的な知識もさほど必要ありません。WordPressに不慣れでも簡単に操作できるよう、管理画面から広告やSNSボタンなどの設置も行えます。知識がある人もしっかりカスタマイズできるよう、ソースコードもシンプルに書かれている点も特徴です。

サポート インストール前:「初期設定」ページで解説あり
インストール後:「会員フォーラム・FAQ」※サポートは最新版のみ
デザインパターン 22種類以上のデザインパターンから選択可能
(ユーザーが作成したスキン含む)

COCOON(コクーン)

cocoon

https://wp-cocoon.com

COCOON(コクーン)の特徴

・無料テーマ「Simplicity」の後継版として作られた
・Amazonや楽天商品リンクの作成も簡単
・豊富なスキンで気軽にデザイン変更できる

COCOON(コクーン)がおすすめな理由

COCOONは、別の無料テーマ「Simplicity」のフォーラムに寄せられたユーザーの意見を参考に再構築されたテーマです。Googleが力を入れているページ表示の高速化にも対応しており、COCOONのテーマでは速度最適化で100点~90点後半程度のスコアが出せます。無料ありながら完全にレスポンシブ対応しており、PCとモバイルでサイト構築を分ける必要がありません。ユーザーが作成したスキンも豊富に公開されており、可愛らしいデザインが好きな方・無料でも不足なく使えるものが欲しい方におすすめのテーマです。

サポート フォーラム・FAQ
※メール等個別質問はなし
デザインパターン 82種類のデザインパターン(スキン)から選択可能

WordPressテーマの選び方5つのポイント

ご紹介したように、WordPressには多くの種類・テーマが存在します。その中から自分に合ったものを選ぶためには、以下の5つのポイントをチェックすることが大事です。

好みのデザインか

WordPressのテーマを選ぶうえで一番大事なのは、「デザインが好きかどうか」です。もちろんオシャレでスタイリッシュなテーマは数多くありますが、“オシャレ”かどうかはあくまでも個人の感性によります。

自分が気に入って「オシャレだな」と感じるデザインのブログを持てば、記事作成をはじめコンテンツ制作が楽しくなりブログを“愛せる”ようになります。その結果、ブログも成功しやすくなるのです。

導入数が多くネット上に情報が多いか

ブログを運営していくうちに、導入したテーマも細かなデザインカスタマイズを行いたくなります。そんな時、多くの人はまずインターネットで情報収集するでしょう。インターネット上に情報が多ければその分必要な情報がすぐ手に入りやすく、様々な記事を参考にしながら自分でカスタマイズしていけます。

本記事でご紹介したWordPressテーマはどれも導入数が多く、情報も豊富にあります。そのため安心して選んでいただけます。

SEO対策に必要なポイントを押さえているか

ブログ運営ではSEOを無視することはできません。SEO対策を押さえたWordPressのテーマの特徴としては、以下のものがあります。

・高速表示
・コーディング様式
・ページ単位のdescription記述、noindex/nofollow設定
など

SEOに強いWordPressテーマを導入することで、本来重視すべきコンテンツ制作に集中できます。本記事では、SEO対策で評判がいいテーマだけをご紹介しています。

サポートが充実しているか

WordPressのテーマでサポートが充実しているかどうかは、以下のポイントをチェックします。

・ユーザーコミュニティがあるか
・マニュアルサイトがあるか
・頻繁なアップデートが行われているか

無料テーマだとどうしてもサポートは薄くなりますが、ユーザーコミュニティがあれば困った時ユーザー同士で質問できます。また、操作手順をまとめたマニュアルサイトがあれば困ったときすぐ検索できるので安心です。

そしてSEO対策は、検索エンジンの仕様変更に振り回されがちです。きちんとアップデートを重ねているテーマであれば最新のSEO対策が行われているため、ユーザーがテーマの修正に追われる心配がありません。

収益がないうちは無料テーマで大丈夫

WordPressを始める時「無料のテーマで失敗しないか」と不安になりがちですが、有料テーマを無理して購入する必要はありません。今回ご紹介したような無料テーマでもSEO対策や収益化などの機能はきちんと盛り込まれてあり、十分に結果を出すことができます。

ブログを開設した当初は無料テーマで始め、少しでも収益化できれば有料テーマに変更するといいでしょう。スモールスタートでも、きちんとブログの成長を加速させられますよ。

WordPressテーマを使ってブログ運営を成功させるには

最後にWordpressテーマを使ってブログ運営を成功させる考え方について、3つお伝えします。

ブログ運営の要はSEO対策

ブログへ集客するためには、検索エンジン・TwitterやInstagramなどのSNSといった方法があります。しかし「収入を得る」という目的であれば、やはりSEO対策は欠かせません。

なぜなら検索エンジンは積極的に情報収集する人、つまり購入意欲の強い人が使う一方で、SNSは暇つぶしで使う人が大半だからです。暇つぶし目的の人に記事を読んでもらっても、なかなか購入に繋がらないにことは誰にでも予想できるでしょう。

つまり収益化を考えているなら検索エンジンからの流入に力をいれるべきで、SEO対策で上位表示を狙うのが王道となるのです。ブログのSEO対策を最低限行うためにも、本記事で紹介しているようなWordPressのテーマを活用してみてください。

頻繁にWordPressテーマの変更をしない

訪問者にとって「デザイン」はブログの印象に直結します。そのためWordPressのデザインを頻繁に変えてしまうと、訪問者にブログの印象付けができにくくなるのでおすすめしません。

WordPressはテーマによって土台のデザインが大きく違いますし、同じテーマでも配色を変えるだけで印象が全く変わります。自分の中で納得できるデザインが決まる前はコロコロとデザインを変えたくなるものですが、テーマの変更はほどほどにしておきましょう。

稼げる市場と稼げない市場がある

ブログを始める前に、大前提として「稼げる市場であるか」を考えなくてはいけません。ブログで稼ぐということはつまり、「広告収入を得る」ということです。自分の立ち上げたブログを見て、「広告を掲載したい」と思ってくれるスポンサー(広告主)が必要となります。

ブログ運営では広告費を支払うスポンサーの目線で運営方法を考え、「購買意欲の高い読者を集める」「収入の多い読者を集める」という思考が欠かせません。

具体的に、「家庭菜園のブログ」を運営するとしましょう。家庭菜園なら土・種・用具が必要で、これらの商品を紹介すれば購入者が現れます。しかしホームセンターで安価に入手できるこれらの商品では、まとまった収入を得ることは難しいのです。

一方で「子育てのブログ」を運営すると、おもちゃやベビー服、哺乳瓶といった育児用品以外にも、家事代行やベビーシッターなどのサービスが多くあります。これらは商品単価が高いため、まとまった収入を得やすくなります。

同じ時間をかけて毎日記事を上げ続けても、商品単価の低い商材ではなかなか収入を得られず挫折する人も多くいます。ブログを運営する時は「稼げる市場」をしっかり考え、早めの収益化を意識しましょう。結果としてモチベーション維持にもつながり、ブログ運営を長く続けることにつながるのです。

【おすすめ】Wordpressテーマ選びに迷ったら

本記事では、有料・無料あわせて全部で11のWordpressテーマをご紹介してきました。数が多すぎて「どれを選べばいいかわからない」と迷う方も多いでしょう。そこで、「強いて一つ挙げるなら、これがおすすめ!」というWordpressテーマをご紹介します。

それは「THE Thor(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)

THE THORは、プロがデザインしたような企業レベルのブログ/サイトを簡単に運営することができます。SEO対策に配慮した設計になっていて、また、記事の装飾を簡単に実現できる投稿画面により、運営者はコンテンツの作成のみに集中することができるのです。

どのWordpressテーマにしようかと悩んだら、THE THOR(ザ・トール)をおすすめします。

THE THORの公式サイトへ

関連記事

  1. フリーランスは税理士にお願いすべき?

    フリーランスは税理士にお願いすべき?メリットデメリットまとめ

  2. 全てのフリーランスに捧ぐ!仕事を断るときのテンプレート【チャットで使える】

    全てのフリーランスに捧ぐ!仕事を断るときのテンプレート【チャットで使える】

  3. フリーランスは会計ソフト

    フリーランスは会計ソフトが必要!おすすめと確定申告のキホンについて

  4. コワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者103人に調査】

    コロナ渦のコワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者103人に調査】

  5. オフィスパス紹介ページのアイキャッチ

    オフィスパスの評判は?月額15,258円で全国200以上のコワーキング使い放題!

  6. テレワークのメリット

    テレワークのメリット・デメリット|企業・社員・社会の視点から解説

  1. 【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法のご案内

    【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法の…

    2021.01.20

  2. フリーナンスのメリット・デメリット Twitterで利用者の口コミを引用して解説

    フリーナンス利用者の口コミ・評判は?デメリット・メリット、おす…

    2021.01.18

  3. コワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者103人に調査】

    コロナ渦のコワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者1…

    2021.01.12

  4. WordPressテーマおすすめ11選比較|ブログ運営に強いSEO対策済み【…

    2021.01.09

  5. 本八幡駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅周辺のコワーキングスペース9選

    本八幡駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅周辺のコワーキングスペース9選

    2020.12.26

  1. 【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法のご案内

    【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法の…

    2021.01.20

  2. フリーナンスのメリット・デメリット Twitterで利用者の口コミを引用して解説

    フリーナンス利用者の口コミ・評判は?デメリット・メリット、おす…

    2021.01.18

  3. コワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者103人に調査】

    コロナ渦のコワーキングスペース利用に関する調査報告【利用経験者1…

    2021.01.12

  4. WordPressテーマおすすめ11選比較|ブログ運営に強いSEO対策済み【…

    2021.01.09

  5. 本八幡駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅周辺のコワーキングスペース9選

    本八幡駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅周辺のコワーキングスペース9選

    2020.12.26

  1. 【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法のご案内

    【コワーキングスペース運営者様へ】月1,980円〜できる集客方法の…

    2021.01.20

  2. room EXPLACE 東陽町のエントランス前での写真

    「room EXPLACE (ルームエクスプレイス)」運営者インタビュー! …

    2019.09.06

  3. コラボサクラインタビュー アイキャッチ画像

    「CO-LABO SAKURA(コラボサクラ)」運営者インタビュー!千葉県佐倉…

    2019.07.28

  4. コワーキングスペース永福 受付スペースの写真

    「コワーキングスペース永福」運営者インタビュー!生協がなぜコワ…

    2019.06.26

  5. BIZcomfort大森山王をご案内いただいた西本さん

    BIZcomfort(ビズコンフォート)大森山王に突撃取材!趣味も楽しめる…

    2019.06.05